2-3 学術情報

ロチェスターユニバーシティインターナショナルは、学生の知的な成長と精神的な成長の両方に力を注いでいます。知的な意識と教育の向上は、霊的な感受性と完全に両立します。ロチェスターユニバーシティインターナショナルの教室での経験は、知的、霊的、関係的な出会いを提供し、学生が生涯にわたって神に奉仕するために必要な能力を身につけられるように協力しています。

2-3-1 学問の自由

ロチェスターユニバーシティインターナショナルは学問の自由に取り組んでいます。学問の自由は、ロチェスターユニバーシティインターナショナルのミッションステートメントの範囲内で機能します。学問の自由に関する声明は、本校のすべての構成員に適用されます。

教員および学生は、コースで提供される資料について自由に意見を述べたり表明したりできます。この権利は、脅迫、武力、またはその他の脅迫の影響を受けてはなりません。ただし、学生はコースの実施または内容に同意せず、変更を求める権利を有しますが、このような自由には、秩序ある授業活動を妨害したり、授業の期待の達成を回避したりする権利は含まれません。ただし、教員のアカデミックな自由には、混乱、破壊、または非倫理的な教室の行動の罪を犯した学生の非難または解任を求める手段が含まれている必要があります。 

教員の学問の自由には、学生の学業成績を判断し、評価する権利が含まれます。学問の自由には、学生が公正かつ有能に評価および採点される権利が含まれます。懲罰的な成績評価は、不正行為または盗作の場合を除いて許容されません。学生には、本校の公式出版物で約束された指導を受ける権利があります。

学部内外の教員や学生が、幅広い範囲の知的問題や社会問題について意見を交換することは不適切ではありません。コースの主題を一時的かつ予測不能に発生する社会的危機に関連付けるために、学生が専門的に責任のある方法を模索し、選択することは適切です。

2-3-2 ポリシーとプログラムの変更

生徒と将来の雇用主のニーズに即座に対応するという学校の理念に従い、学校は生徒に追加料金なしで、そして規制ガイドラインの範囲内でコースの内容、構造、スケジュールを変更する権利を留保します。プログラムに含まれる情報は、カタログの公式部分になります。学校は、必要に応じてカタログまたはプログラムを修正する権利を留保します。

2-3-3 カレンダー

ロチェスターユニバーシティインターナショナルは、学位プログラムを四半期形式で提供しています。学生は、1年間に最大4つの学期を連続して受講できます。

2-3-4 再入学

再入学は、適切な本校職員の納得のいく証拠が示された後にのみ承認されます。

2-3-5 クレジットの譲渡

ロチェスターユニバーシティインターナショナルは、認定機関からのコースワークの編入を歓迎します。(そのような機関は、高等教育認定評議会、またはCHEAによって承認された機関によって認定されています。)この編入を申請するには、前の教育機関からロチェスターユニバーシティインターナショナルのレジストラオフィスに直接郵送またはファックスで正式な成績証明書(署名・捺印済み)を送付するよう手配してください。

単位はコースごとに評価され、コースの説明と単位の価値が同等であることが要求されます。編入可能なのは「C」以上の成績で取得したもののみですが、編入単位からの成績は学生のロチェスターユニバーシティインターナショナルGPAには計算されません。

認定されていない教育機関からの単位の編入が可能な場合もあります。前述の手順と要件が適用されます。さらに、ロチェスターユニバーシティインターナショナルは、前の教育機関で履修した科目が、ロチェスターユニバーシティインターナショナルで開講されている科目と同等であることを確認するための措置を講じています。このような措置には、以下のうちの一つ以上が含まれます。

  • 包括的な試験による達成の証明。
  • シラバス、教員の資格情報、成績評価基準、その他派遣先の関連する学習資料を確認する。
    前校からの編入の成功に関する過去の経験を分析する。
  • ロチェスターユニバーシティインターナショナルでの48クォータータイムの履修に成功し、累積GPAが0以上であること。

可書を受け取ったら、すぐに編入の手続きをし、ロチェスターユニバーシティインターナショナルのコースに登録する前に編入する必要があります。
卒業資格を得るためには、学部課程の四分の一の時間の25%をロチェスターユニバーシティインターナショナルで履修しなければなりません。したがって、学士号を取得しようとする学生は、ロチェスターユニバーシティインターナショナルで少なくとも48時間の授業を受けなければなりません。
従来とは異なる方法で教育を受けた場合(企業や軍隊での訓練など)は、その教育を本校の単位として認めてもらうことをお勧めします。本校は、本校の裁量により、過去の経験的な学習を単位として認める場合があります。 これは特別な場合に限り、CCR 71890に従った場合にのみ考慮されます。 米国教育審議会の成人学習教育資格センター(CALEC)プログラムによる教育評価を受けることができます。詳細については、同社のWebサイトにアクセスしてください。
www.acenet.edu/calec/Corporate/index.cfm
CALECでは、あなたの非正規教育の分析結果を示す成績証明書を提供しますので、この成績証明書のコピーをロチェスターユニバーシティインターナショナルのレジストラオフィスに直接送付するよう手配してください。

2-3-6 評点方式

ロチェスターユニバーシティインターナショナルは、4.0の採点システムを使用してコースワークの品質を評定し、評点平均を決定します。教員は、この表に基づいて文字の等級を割り当てます。

レジストラーは、このセクションで後述する表に従って、レターの成績を成績ポイントに変換します。

成績は通常、四半期を終えてから3週間以内に入手できます。それらは、学生の四半期GPAおよび累積GPAの計算とともに、レジストラオフィスによって学生にリリースされます。

2-3-7 学術的負荷

フルタイムの負荷は、四半期あたり12〜16時間と見なされます。通常の時間枠内でプログラムを完了するには、四半期ごとに平均12時間実行する必要があります。

コースは通常、クラスの各時間に教室の外で約1.5〜2時間の学習時間を必要とします。四半期の授業時間を決定する際には、家族、雇用、教会やミニストリーの責任を考慮する必要があります。

1学期に16時間以上の授業を行う場合は、学部長の許可を得る必要があります。この決定は、以下のガイドラインに従って、主にあなたの成績平均点(GPA)によって決まります。

18時間2.70 GPA
19時間3.00 GPA
20時間3.30 GPA

新入生の高校のGPA、帰国学生のGPA、または生活状況の劇的な変化により、1学期またはそれ以上の学期に12時間の負荷を減らす必要がある場合があります。学部長の決定、またはあなた自身の決定により、四半期の平均履修時間が16時間未満になった場合は、当初のスケジュール通りに卒業できない場合があります。

予定通りのスケジュールに戻したい場合は、夏学期にオンラインコースを受講したり、冬期モジュラ ー期間中にコースを受講したり、カレッジキャリアの後半にオーバーロードを求めたりすることを検討してください。

2-3-8 学業成績と進捗状況の要件

プログラム全体を通して、すべての学生は、学部生に対して少なくとも2.0 GPA、大学院生に対して2.75 を維持する必要があります。学生が満足のいく進歩の要件を満たさない場合、学生は書面で通知され、満足のいく進歩が達成されるまで保護観察に置かれます。プログラムの完了時に学生が最小GPA平均を満たさなかった場合、学生は完了証明書を取得できません。

コースに不合格となった学生、または秋または春の学年の累積点平均が、大学生の場合は2.0未満、卒業生の場合は2.75を下回った学生は、保護観察に置かれます。これらの状況では、学生は学業成績を向上させるために設計された研究計画を概説する書面による通信をレジストラから受け取ります。このような学習計画には、非学術活動の削減、特別な指導、読み書きの改善作業、またはそれぞれの場合に適切と思われるその他の規定が含まれる場合があります。 

各学生は、保護観察から外されるまで、学習計画に従う必要があります。学生は、本明細書の最初の文に記載されている条件のいずれにも該当しない学業期間を無事に終了した時点で、自動的に保護観察から外されます。